2015年10月09日

日本 3-0 シリア <W杯アジア2次予選>

<W杯アジア2次予選兼アジア杯予選:日本−シリア>
2015年10月8日◇オマーン・マスカット

日本 3-0 シリア 

前半は攻めあぐね0−0で折り返したが、
後半に入り10分にMF本田圭佑(29=ACミラン)
のPKで先制。

25分にはFW岡崎慎司(29=レスター)が追加点を
挙げると、同43分には途中出場のFW宇佐美貴史
(23=G大阪)にも得点が生まれた。


日本は3勝1分けの勝ち点10でE組首位に浮上。
次戦は11月12日にアウェーで第5戦のシンガポール戦に臨む。

 
日本  FIFAランク55位
シリア FIFAランク123位


後半10分 本田圭佑
後半25分 岡崎慎司
後半43分 宇佐美貴史




<日本代表スタメン>

GK 西川周作(29=浦和)

DF 長友佑都(29=インテルミラノ)
DF 槙野智章(28=浦和)
DF 吉田麻也(27=サウサンプトン)
DF 酒井高徳(24=ハンブルガーSV)

MF 山口 蛍(24=C大阪)
MF 長谷部誠(31=フランクフルト)
MF 香川真司(26=ドルトムント) → 後半34分 MF 清武弘嗣(25=ハノーファー)
MF 本田圭佑(29=ACミラン)

FW 原口元気(24=ヘルタ) → 後半22分 FW 宇佐美貴史(23=ガ大阪)
FW 岡崎慎司(29=レスター) → 後半40分 FW 武藤嘉紀(23=マインツ)

20151009k0000m050135000p_size6.jpg
http://mainichi.jp/sports/news/20151009k0000m05013...参照

若手注目株の南野拓実の出場はありませんでした。
日本代表メンバー豪華ですね。
GKの川島選手は所属先が決まっていない為、
代表未招集となっています。

<サッカー日本代表大百科 TOPページ>
posted by サッカー侍 at 10:18| Comment(0) | サッカー日本代表 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

ザルツブルグ 南野拓実が初の日本代表選出!

日本代表 ザルツブルグ南野が初のA代表選出!W杯2次予選メンバー発表

日本サッカー協会は10月1日、2018年ワールドカップ(W杯)
ロシア大会のアジア2次予選に臨む日本代表メンバー23人を発表した。

U―22代表から南野拓実が初選出された。
バヒド・ハリルホジッチ監督(63)率いる日本代表は、
10月8日にオマーン・マスカットでシリア代表とW杯アジア2次予選、
10月13日にはイラン・テヘランでイラン代表と親善試合を行う。


今回新たに召集されたのは、
広島DFの塩谷司、浦和MFの柏木陽介、ザルツブルクFWの南野。

負傷が理由で酒井宏樹(ハノーバー)、遠藤航(湘南)がメンバーから外れた。
移籍先が決まらない正GK川島永嗣(前Sリエージュ)は
前回選考に続いてメンバーから外れた。

南野について指揮官は「非常に面白い選手。現代フットボールに適応する
アタッカー。彼のプレーで面白いのはボールを持っていないときの動きです。
常に得点を獲る、獲らせるポジションにいます」とコメントしている。


https://www.youtube.com/watch?v=nHogiq-uKQ4参照


【GK】
西川周作(浦和)
六反勇治(仙台)
東口順昭(G大阪)

【DF】
吉田麻也(サウサンプトン)
丹羽大輝(G大阪)
槙野智章(浦和)
森重真人(FC東京)
酒井高徳(ハンブルガーSV)
塩谷司(広島)
長友佑都(インテル・ミラノ)
米倉恒貴(G大阪)

【MF】
長谷部誠(フランクフルト)
山口蛍(J2C大阪)
柏木陽介(浦和)
柴崎岳(鹿島)
香川真司(ドルトムント)
清武弘嗣(ハノーバー)

【FW】
本田圭佑(ACミラン)
南野拓実(ザルツブルク)
原口元気(ヘルタ)
宇佐美貴史(G大阪)
岡崎慎司(レスター)
武藤嘉紀(マインツ)


豪華なメンバーが揃いました。
しかし、豪華なメンバーが勝てるわけではありません。
過去の日本代表も豪華メンバーをそろえながら、
アジア予選で苦戦している試合が多いです。
予選はとにかく勝利が最低条件です。


ハリル監督が、
「現代フットボールに適応するアタッカー。
ボールを持っていないときの動きが特徴。」
と表現しているところが注目ですね。

現代フットボールは、流動的で効率的なサッカーです。
無駄がなくゴールに対して的確な判断をしながらスマートに
プレーできる選手が多いです。

南野選手もその代名詞ともいえる存在ですね。
若手世代の代表格としての期待もあるでしょう。
出場機会があるかはわかりませんが、魅せつけてほしいところです。

posted by サッカー侍 at 09:32| Comment(0) | サッカー日本代表 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

GK川島永嗣 就職活動中 苦悩の日々を語る

就活中のGK川島永嗣
 “浪人”の苦悩明かす「気が狂うような決断も」

スタンダール・リエージュ(ベルギー)を退団し、
現在無所属となっているGK川島永嗣(32)が9月22日夜、
自身のブログを更新した。

20150918-00000001-spnannex-000-thumb.jpg
http://news.yahoo.co.jp/list/?t=eiji_kawashima参照


ここ最近は、美人妻との結婚や、
「相手のシュートに不満」をするなど、
話題になっていたが、所属先が決まらないからか
意気消沈しているように見える。


自身の言葉としては約3カ月ぶりのエントリーで、
今季の所属先が決まっていない心境を明かした。


川島は、

「まず始めに、これだけ長い間僕自身の口からコメントをできなかったこと、
そしてこれだけの期間皆さんに何も報告ができなかったこと、
心からお詫びしたいと思います。そして、ここまで多くの方に心配をかけ、
また何より多くの方にご迷惑をかけていることに対しても
本当に申し訳なく思っております。」

と謝罪で切り出した。


2015年7月下旬にはイタリアの
ノバーラ(セリエB)の練習に参加している。

「新しいチームが決まってから、と思い続け日本を出てから
2カ月が経ちました。今の時点で多くを語ることはできませんが、
8月のマーケットが閉まるまで、そしてここまで、
自分にとってベストの選択ができるようにとここまで
練習に参加させてもらったり、自分自身コンディションを
整えながら可能性を探ってきました。」
新天地は見つかっていない。


当面の間、日本代表招集を見送られることにもなり
「ここまでくると、何が正しくて、何が正しくないのか、
はっきりした答えというのは正直なところ分かりません。
代表のこと、未来のこと、ここまで気が狂うような決断も
しなければいけませんでした。もしかしたら、
ここに至るまでもっと賢い選択もあったかもしれません」
と苦悩を明かした。


「まだまだヨーロッパの基準で、そして世界の基準でゴール
キーパーとして成長したい。何よりもっともっと、
ただただ単純に上手くなりたい」

「でも、何が自分の生き方かを考えた時、
苦しみもがきながらも今に至る次第です。
今はただ、自分自身の道を信じること、
そして必ずいい方向へいくと信じています」

と信念を貫く構えを示した。

最後には、ファンに
「ご心配をかけて本当に申し訳ありませんが、
しっかりとした報告ができる時が来るまで見守って
いただけると幸いです」
とコメントした。


ストイックで有名なGK川島永嗣選手。
移籍先がここまで決まらないのは稀なケースですね。
日本代表の正GKの苦悩の意味はなんなのでしょうか。

何か深い意味がありそうですね。
今後どんな進展が待っているのでしょうか。
posted by サッカー侍 at 11:36| Comment(0) | サッカー日本代表 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする