2018年04月28日

日本代表 ハリルホジッチ監督電撃解任!理由は!?

日本代表 ハリルホジッチ監督電撃解任!理由は!?

日本代表前監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が4月9日解任通告を受けた。

2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕2カ月前の電撃解任について
「日本をこんな形で去ることになるとは考えたことはなかった。
私自身が考えつく限りの最悪の悪夢。リスペクトがないのではないか。
人間として深く失望している」と語った。

halilhodzic-01.jpg

日本という素晴らしい国を初めて体験してきた。
いろいろな物を敬う日本という素晴らしい国に来たのは、
観光客、物見遊山ではない。

私の手で日本のサッカーに何かをもたらせるのではないか、
という気持ちで来た。日本をこんな形で去ることになると考えたことはなかった。

人間として、深く失望した。日本にW杯の準備のために来て、
しっかり予選を通過させた。ハイレベルなサッカーの世界で45年仕事をしてきて、
監督という職業ははかないもので、どんな時だろうと何が起こるか分からない。
私に通告されたことに対しては、大変失望した。私に対するリスペクトがなかった。

3年間、日本代表チームのためにいろいろな仕事をしてきた。それを説明したい。
しっかり誇りを持って仕事をしてきた。

(就任)最初の日に、日本サッカー協会のJFAハウスに行った時、
こう聞いた。「どこにオフィスがありますか?」と。
「あなたのオフィスなんてありませんよ」ということなので、すぐにお願いした。

日本のサッカーの歴史で初めてだったようだ。毎日オフィスに出勤した。
代表チームのセレクションだけでなく、毎日ミーティングをしたり、
テクニカルスタッフと選手の試合の視察もした。

選手一人一人の報告書、レポートをつくる。毎週月曜日は、
スタッフ全員とミーティングをした。
故障した選手とはすぐ連絡を取り、どういう状況かを聞いた。
一人一人に、3年間ありがとうと言いたい。

私の人生で、ここまでやる気があって、みんなが規律正しくやってくれるのを見たことがない。
練習の中身も、選手の集中度、質の高さも本当に素晴らしく、
ビッグなブラボー、ビッグなメルシーを申し上げたい。

3年前から、私は誰とも何の問題もなかった。特に、選手との問題はなかった。
常にコンスタントに選手たちと連絡を取り合っていた。
何度、海外組の選手と電話で話しただろうか。国内組もそうだ。

合宿、公式戦でもオフィスをしつらえてもらって、選手たちに来てもらって、
話し合いができる場をつくった。皆さんは証人になってもらえると思うが、
人前で誰か一人の選手を批判したことは一度としてない。

いつも「悪いのは私、批判するならハリルを批判してくれ」と言っていた。
実際、ピッチで選手たちと1対1で話す時は、ちょっと違っていた。
私が何かを言いたい時は、ちゃんと面と向かって言うようにしている。

こんなにストレートな物言いに慣れていない選手もいたかもしれない。
でも、私はこの選手、チームに対する思い入れは強かった。
https://www.jiji.com/jc/v4?id=201804vahid0006より引用



サッカー日本代表前監督のバヒド・ハリルホジッチ氏が、契約の途中解除をめぐり、
日本サッカー協会の対応次第で訴訟を提起する準備があるとAFP通信が27日に伝えた。


 ハリルホジッチ氏の弁護士は「日本協会は権利を乱用している。決定は法律的にも有効ではない」と主張。「ハリルホジッチは(解任理由の)真実を求めている。もし得られなければ、法廷で明らかにすることを求める」とし、不当解雇と名誉毀損(きそん)で訴える可能性を示した。


解任の真相については未知の領域であるが、
以下のサイトで選手やメディアの反応がわかります。
https://news.infoseek.co.jp/feature/halilhodzic/#03


解任の深層は迷宮入りだと思うが、
ワールドカップ本大会前に電撃解任されるには
それなりの理由があるのは間違いないだろう。


日本人は調和をする文化がある。
外国人監督の直接的な物言いや批判的な
言葉はやはり現場にいて良いものではなかった
のではないかと思う。

webultrasoccer_308109_0.jpg


おそらく、選手、スタッフの感情が爆発寸前だったのかもしれない。
結果も出ていなかったことが後押しした結果となったように見える。

トルシエジャパンの時も当時の日本人選手は
相当フラストレーションをためていた。
しかし、やはり日本人は優秀なんだと改めて思う。

適応能力が高いのだ。
だから、トルシエの戦術で勝てたというより、
選手1人1人のポテンシャルで勝ったというのが
真実なのではないかと思う。

ハリルホジッチは自らの不当な扱いを
主張しているが、選手やスタッフは冷たい反応
かもしれない。

日本人の繊細な感覚からすると
外国人監督のストレートな言葉というのは
想像以上にダメージを受けている可能性が高い。

この感覚は外国人には理解できないニュアンスであろう。
「なんで俺が?」と思い続けると思う。
お互いに交われない感覚がそこにあると思うのだ。


なにはともあれ、ワールドカップロシア大会は
開幕寸前である。西野監督は以前の岡田監督の
状況に近くなったが、とにかく結果が求められる。

サポーターは信じるしかないのだが、
どうにか過去最高のベスト16以上を
期待したい!


webultrasoccer_308294_0.jpg


サッカー日本代表大百科<TOPページ>


posted by サッカー侍 at 23:20| Comment(1) | サッカー日本代表 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

元日本代表 本田圭佑 日本代表招集されず「むかつく」発言!?

サッカー日本代表大百科<TOPページ>


本田圭佑(パチューカ)日本代表招集されず「むかつく」発言!?



メキシコ・パチューカで活躍中の本田圭祐が
クラブワールドカップで3位になった。

3位決定戦では出番がなかったが、準決勝のグレミオ戦では
チームの中心となってグレミオDF陣を混乱させた。

そんな本田は現在日本代表に3カ月招集されていない。
インタビューでは、「むかつく」「選べよ」
と本音を語った。

ロシアワールドカップまであとわずか。
ロシアリーグで4年間プレーした経験のある
本田圭祐。

本人はロシアでの経験が日本代表にとって
プラスになると語っている。

E3東アジア選手権では韓国に1−4と完敗の
日本代表。本田圭祐はロシアワールドカップの
メンバーに招集されるのだろうか。

メンバーについてはハリル監督のみぞ知る。

サッカー日本代表大百科<TOPページ>


直撃 本田圭佑 (Sports Graphic Number)
posted by サッカー侍 at 01:35| Comment(0) | サッカー日本代表 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

日本代表応援ソング ウカスカジー「勝利の笑みを 君と」

「夢を力に 2018」テーマソング/日本サッカー協会公認サッカー日本代表応援ソング
ウカスカジーの「勝利の笑みを 君と」に決定しました!

59a7fdd0-6750-4f95-9953-5dc7d3093d95.png



<ウカスカジー>
59c238f9-0db8-4557-bc2e-02e7d3093d95.jpg

桜井和寿(Mr.Children)とGAKU-MCによるユニット。
音楽とサッカーを愛してやまない、
サッカーやフットサルのチームメイトでもある二人が、

2014年に開催されるFIFAワールドカップブラジル大会へ向けて、
以前2006年5月に共同名義で発表した
「手を出すな!」
の2014年版を制作しようと話したことをきっかけに活動開始。

2014年6月に1stアルバム 「AMIGO」
(『勝利の笑みを 君と』収録)、
2016年7月に2ndアルバム「Tシャツと私たち」
をリリース。
ウカスカジーが所属するMIFA (ミーファ)は音楽とサッカーで
さまざまなコミュニケーションをクリエイトするプロジェクト。


ミスターチルドレンの桜井和寿さんはあまりに有名ですが、
「GAKU」もサッカー関係者の中では有名な存在です。

メロディライン、歌詞ともに心に染みわたってきますね。
なんとなく自分で感じている微妙な心の描写を的確に
表現してくれています。

「そこの気持ち表現してくれたかぁ!」

という自分でも気が付いていない部分を
気付かせてくれて、共感してしまう歌詞に感動です。


「現実は厳しいけどまだまだいける!」
「あきらめない!」


と本気で思わせてくれます。

日本代表選手も聞いていることでしょう!

2018年ロシアワールドカップ!
SAMURAI BLUE 日本代表が出場します!


選手以上に日本代表を本気で応援しようぜ!!


【おすすめ限定アイテム】


サッカー日本代表 来場者限定 SAMURAI BLUE マフラータオル 2018年 FIFAワールドカップロシア大会 アジア予選 埼玉スタジアム



サッカー 日本代表 ロシアワールドカップ 突破記念 Tシャツ Mサイズ



<TOPページ>
サッカー日本代表大百科
posted by サッカー侍 at 21:49| Comment(0) | サッカー日本代表 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする