2016年01月23日

1994年 日本代表ユニフォーム (ドーハモデル)

【1994年 日本代表ユニフォーム】

C6FCCBDC92-93adidasC0C4C7F2C0C4-BDB8B9E72.jpg
http://football-uniform.up.seesaa.net/image/C6FCCBDC92-93adidasC0C4C7F2C0C4-BDB8B9E72.JPG参照

1992-1996年(ドーハモデル) 
 日本協会のシンボルであるヤタガラスの羽根をイメージした、
 いわゆる「ドーハモデル」。
 
日本代表ユニフォーム史上初の
「デザインされたオリジナルモデル」と言える。

 最大の戦いは1993年秋のアメリカW杯アジア最終予選。
 最後の数十秒で浴びたイラクの同点弾!
 
 灼熱の地・ドーハに崩れ落ちたカズ、ラモス、中山。
 「ドーハモデル」たる所以である。

 img_0.jpg
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-b0-77/yokota106/folder/255096/16/53510016/img_0?1206967268参照

 しかしその「ドーハモデル」、実はその後2年半、
 ファルカン、加茂監督と3代にわたり着用された。


 また1993年自国開催のU-17世界選手権、
 1994年に日本サッカー史上初めて世界大会出場を
 決めたU-19アジアユース、同じく1994年にユース以下の
 大会で初めてアジア制覇を成し遂げたU-16アジアユース、
 
 1995年エクアドルU-17世界選手権、
 1995-1996年アトランタ五輪最終予選などでは、
 中田英、小野、稲本、高原など後に日本代表を背負う選手たちが着用している。


E697A5E69CACE4BBA3E8A1A8-1994-JFA.jpg
http://football-uniform.up.n.seesaa.net/football-uniform/image/E697A5E69CACE4BBA3E8A1A8-1994-JFA.jpg?d=a1参照

1992年(adidas)
【フル代表(オフト監督)】
 10月のアジアカップから初のオリジナルデザインのモデルが着用され、見事優勝を飾った。
 初のアジア王者となり、翌年のアメリカW杯予選に希望を抱かせる結果となった。
 このadidasモデルは、公式戦ではアジアカップ5試合でホームモデルのみの着用であったが、
 93年初頭のイタリア遠征や、カールスバーグ杯に参加した日本選抜では
 アウェーモデルも着用された。
 adidasのロゴは三つ葉マーク。

 93.jpg
http://samurai-matome.com/wp-content/uploads/2014/05/93.jpg参照

1994年当時、日本代表がワールドカップに出場することは
夢と言われていました。当時のスーパースター三浦和良が、
日本代表、日の丸、君が代など日本代表のステイタスを
上げていました。

それに感化された若き世代も財前、中田、小野、松田なども
各世代で大活躍。日本サッカーの未来の可能性を飛躍的に
高めてくれました。

それだけにこのドーハモデルのユニフォームは、
インパクト絶大でした。

【サッカー日本代表大百科】
posted by サッカー侍 at 18:21| Comment(0) | サッカー日本代表大百科 ★もくじ★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: