2016年01月23日

U―23アジア選手権準々決勝 日本3―0イラン

U―23アジア選手権準々決勝 日本3―0イラン
(2016年1月22日 カタール・ドーハ)
10番の意地!中島71秒で2発「最後に役に立ててよかった」

<日本代表先発メンバー>

GK 櫛引

DF 岩波、植田、室屋、亀川

MF 遠藤、原川、中島、矢島

FW 久保、オナイウ阿道


<イラン代表先発メンバー>

GK アハバリ

DF ダネシュガル、ヘイダリエ、チェシュミ、アブドラザデ

MF A・カリミ、Mi・モハマディ、ナギザド、トラビ、サゲビ

FW モタハリ

G20140120007418760_view.jpg
http://m.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/01/20/jpeg/G20140120007418760_view.jpg
参照

チーム立ち上げから背番号10を背負ってきた中島が、
勝負を決定づける2得点をわずか71秒の間に挙げた。

1―0の延長後半3分、得意のドリブルで相手DFをかわすと、
左サイドから右足を振り抜き、豪快にネットを揺らした。


同5分にも強烈なミドルシュートを決め、
昨年3月のリオ五輪アジア1次予選・ベトナム戦以来のマルチ弾。

「90分でなかなかシュートが打てなかったので、
延長ではチームのために頑張ろうと思った。
最後にチームの役に立ててよかった」とコメント。


J2東京V時代の2012年10月21日、
Jリーグ歴代最年少記録となる18歳1カ月28日で
ハットトリックを達成するなど早くからセンスを見せつけてきた。

「目標はバルセロナ移籍とW杯優勝、バロンドール獲得」
と公言するなどビッグマウスでも注目されてきた10番が、
日本の勢いをさらに加速させる。


◆中島 翔哉(なかじま・しょうや)
1994年(平6)8月23日、東京都生まれの21歳。
東京Vジュニア、東京Vジュニアユース、東京Vユースを経て、
高3だった12年9月にJ2東京VでJデビュー。

2010月にプロ契約を結んだ。
2014年1月にFC東京に完全移籍と同時に
J2富山に期限付き移籍。同年8月にFC東京に復帰した。
各年代の日本代表に選ばれ、
2011年U―17W杯に出場。
1メートル64、64キロ。利き足は右。

東京V出身の選手はビッグマウスに育つ。
そういう環境なのだ。ビッグマウスのまま消えていく
選手と進化しながら高みに上っていく選手に分かれる。

中島選手はどちらになるのだろうか。
東京VからJ2富山、J1FC東京に移籍したことで
東京Vで学べなかったことを吸収したのではなだろうか。

イラン戦後のコメントに、
「最後に役に立ててよかった」とコメントしているが、
エゴイストになるりやすい東京Vの環境から移籍を経験して
仲間を助けるマインドを学びつつあるように見受けられる。

チームの為、仲間のために自己の才能を発揮することを
マスターすることで更なる進化が期待できるだろう。

次節、リオ五輪本大会出場が決まる。
中島と日本代表の真価が問われる試合になる。

【サッカー日本代表大百科】
posted by サッカー侍 at 17:39| Comment(0) | サッカー日本代表大百科 ★もくじ★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: