2015年10月11日

2006年 ドイツワールドカップ 日本代表メンバー

【2006年 ドイツワールドカップ 日本代表メンバー】
Japan-06-adidasWC-blue-white-blue-group.jpg
http://football-uniform.seesaa.net/article/1342729...参照

【GK】
1  楢崎正剛 (30)名古屋グランパスエイト      
12 土肥洋一 (32)FC東京
23 川口能活  (30) ジュビロ磐田  


【DF】
2 茂庭照幸 (24) FC東京    
3 駒野友一 (24) サンフレッチェ広島    
5 宮本恒靖 (29) ガンバ大阪  ★主将
6 中田浩二 (26) スイス バーゼル
14 三都主アレサンドロ (28) 浦和レッズ
19 坪井慶介 (26)浦和レッズ
21 加地亮 (26)ガンバ大阪
22 中澤佑二 (28)横浜F・マリノス


【MF】
4 遠藤保仁 (26) ガンバ大阪
7 中田英寿 (29) イングランド ボルトン
8 小笠原満男 (27) 鹿島アントラーズ
10 中村俊輔 (27) スコットランド セルティック
15 福西崇史 (29) ジュビロ磐田  
17 稲本潤一 (26) イングランド ウェスト・ブロムウィッチ
18 小野伸二 (26) 浦和レッズ    


【FM】
9 高原直泰 (27) ドイツ ハンブルガーSV
11 巻誠一郎 (25)ジェフユナイテッド千葉  
13 柳沢敦 (29) 鹿島アントラーズ  
16 大黒将志 (26) フランス グルノーブル
20 玉田圭司 (26)名古屋グランパスエイト

yjimage.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2140356025525908001参照

【監督】
ジーコ

【コーチ】
エドゥー(テクニカルアドバイザー)
里内猛(フィジカルコーチ)
カンタレリ(GKコーチ)


【日本代表結果】

<第1戦>
2006年6月12日 15:00 観客数: 46,000人
@フリッツ・ヴァルター・シュタディオン(カイザースラウテルン)
主審: エジプトの旗 エッサム・アブデルファタ
オーストラリア 3 - 1 日本

中村俊輔 26分にゴール
ケーヒル 84分にゴール
ケーヒル 89分にゴール
アロイージ 90+2分にゴール


<第2戦>
2006年6月18日 15:00 観客数: 41,000人
@フランケン・シュタディオン(ニュルンベルク)
主審: ベルギーの旗 フランク・デ・ブレーケル
クロアチア 0 - 0 日本の旗


<第3戦>
2006年6月22日 21:00 観客数: 65,000人
@ FIFAワールドカップスタジアム・ドルトムント(ドルトムント)
主審: エリック・プラ
日本 1 - 4 ブラジル


玉田圭司 34分にゴール
ロナウド 45+1分にゴール
ジュニーニョ 53分にゴール 53分
ジウベルト 59分にゴール 59分
ロナウド 81分にゴール


jfa-20060129-jico.jpg
http://www.pawanavi.com/sports/archives/2006/01/po...参照

当時日本代表史上最高の選手と言われていた
2006年日本代表メンバー。

監督はジーコ。
主力メンバーには、中田英寿、中村俊輔、小野伸二、
中澤佑二他豪華メンバーだった。

しかし、結果的にチームとして1つになれなかった
ことが1勝ちもできずにグループリーグ敗退した
要因だろう。

中田英寿が世界で大活躍する一方で、
その他の選手との意識の差がチームとして
マイナスに働いてしまった印象が強い。

チームメイトは中田英寿の偉大さを
認めざるを得ない中で、メンタルレベルでの
コミュニケーションが交わらない。

萎縮してしまう選手も多く、チームが1つになれかった。
中田英寿が21歳で1998年のワールドカップに
出場した時は、井原正巳やゴン中山、秋田豊など、


生意気な自己主張をしても、受け止めてくれるだけの
ベテランの存在があった。しかし、自らがベテランの
立場に立った時の若手選手の受け止め方がわからなか
ったのだろう。

チームからも完全に孤立していた。練習中も
1人だけチームの輪から外れてリフティング
するシーンもあった。

ジーコ監督は選手の主体性を尊重し、
自由を与える監督。彼の人間性と情熱で
選手達を動かすタイプだ。

圧倒的な個人技でチームを作れるブラジル
代表などではマッチングする監督だろうが、
当時の日本代表は選手1人1人がそこまで
のレベルに達していなかった。

ピッチの戦術的なことは、中田英寿が
主導権を握って行われつつ、各自のアイデア
で打開していた。

アジア予選では個の力でどうにか打開できる
場面が多く予選突破したが、
本大会ではそうはいかなかった。

結局最後まで、チームの輪が1つになる
ことはないまま、消化不良の状態で予選敗退と
なった。

中田英寿はこの2006年ドイツ大会を最後に
引退を決めていて、尋常ではない迫力で
この大会に臨んでいた。

KMT0000080102G.jpg
http://amanaimages.com/editorial/keyword/result.as...参照


その覚悟がチームメイトとの軋轢を生んで
しまった結果となった。最後のブラジル戦
ではとてつもない運動量で孤軍奮闘したが、

中田英寿が熱くなればれるほど、チームメイト
の熱は冷めていくように感じれた。


試合後、中田英寿は一人ピッチに倒れ込んだ。
誰1人中田英寿を迎えにいくチームメイトは
いなかった。これがこのチームの状態を証明
していた。


img20140530-1.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2143233934869408801/21...参照


060623-44.jpg
http://germany2006.nikkansports.com/photo/news/200...参照


ブラジル戦の玉田圭司のシュートは素晴らしいゴールだった。
b524b9a5292469edd1d708f5b31a3f50.jpg
http://blog.goo.ne.jp/shin1san773/e/bb736bf2b7d5cd...参照


決勝はイタリアとフランスの対戦。

試合は1-1の引き分けでPK(5-3)でイタリア優勝した。

img_0.jpg
http://blogs.yahoo.co.jp/toranosuke4you/39026461.h...参照

20bc5514-9288-4209-8eac-563d76b8e1ae.jpg
http://qoly.jp/2014/07/09/do-you-remember-the-cham...参照


決勝ではフランスのジダンがマテラッツィを頭突きして
レッドカード退場になったことが話題になった。
jidan.jpg
http://adgang.jp/2010/06/2821.html参照

511d9f00.jpg
http://blog.livedoor.jp/ryo273/archives/cat_500265...参照


<サッカー日本代表大百科 TOPページ>
posted by サッカー侍 at 10:40| Comment(0) | サッカー日本代表 メンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: