2015年10月02日

ザルツブルグ 南野拓実が初の日本代表選出!

日本代表 ザルツブルグ南野が初のA代表選出!W杯2次予選メンバー発表

日本サッカー協会は10月1日、2018年ワールドカップ(W杯)
ロシア大会のアジア2次予選に臨む日本代表メンバー23人を発表した。

U―22代表から南野拓実が初選出された。
バヒド・ハリルホジッチ監督(63)率いる日本代表は、
10月8日にオマーン・マスカットでシリア代表とW杯アジア2次予選、
10月13日にはイラン・テヘランでイラン代表と親善試合を行う。


今回新たに召集されたのは、
広島DFの塩谷司、浦和MFの柏木陽介、ザルツブルクFWの南野。

負傷が理由で酒井宏樹(ハノーバー)、遠藤航(湘南)がメンバーから外れた。
移籍先が決まらない正GK川島永嗣(前Sリエージュ)は
前回選考に続いてメンバーから外れた。

南野について指揮官は「非常に面白い選手。現代フットボールに適応する
アタッカー。彼のプレーで面白いのはボールを持っていないときの動きです。
常に得点を獲る、獲らせるポジションにいます」とコメントしている。


https://www.youtube.com/watch?v=nHogiq-uKQ4参照


【GK】
西川周作(浦和)
六反勇治(仙台)
東口順昭(G大阪)

【DF】
吉田麻也(サウサンプトン)
丹羽大輝(G大阪)
槙野智章(浦和)
森重真人(FC東京)
酒井高徳(ハンブルガーSV)
塩谷司(広島)
長友佑都(インテル・ミラノ)
米倉恒貴(G大阪)

【MF】
長谷部誠(フランクフルト)
山口蛍(J2C大阪)
柏木陽介(浦和)
柴崎岳(鹿島)
香川真司(ドルトムント)
清武弘嗣(ハノーバー)

【FW】
本田圭佑(ACミラン)
南野拓実(ザルツブルク)
原口元気(ヘルタ)
宇佐美貴史(G大阪)
岡崎慎司(レスター)
武藤嘉紀(マインツ)


豪華なメンバーが揃いました。
しかし、豪華なメンバーが勝てるわけではありません。
過去の日本代表も豪華メンバーをそろえながら、
アジア予選で苦戦している試合が多いです。
予選はとにかく勝利が最低条件です。


ハリル監督が、
「現代フットボールに適応するアタッカー。
ボールを持っていないときの動きが特徴。」
と表現しているところが注目ですね。

現代フットボールは、流動的で効率的なサッカーです。
無駄がなくゴールに対して的確な判断をしながらスマートに
プレーできる選手が多いです。

南野選手もその代名詞ともいえる存在ですね。
若手世代の代表格としての期待もあるでしょう。
出場機会があるかはわかりませんが、魅せつけてほしいところです。

posted by サッカー侍 at 09:32| Comment(0) | サッカー日本代表 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: