2015年09月23日

GK川島永嗣 就職活動中 苦悩の日々を語る

就活中のGK川島永嗣
 “浪人”の苦悩明かす「気が狂うような決断も」

スタンダール・リエージュ(ベルギー)を退団し、
現在無所属となっているGK川島永嗣(32)が9月22日夜、
自身のブログを更新した。

20150918-00000001-spnannex-000-thumb.jpg
http://news.yahoo.co.jp/list/?t=eiji_kawashima参照


ここ最近は、美人妻との結婚や、
「相手のシュートに不満」をするなど、
話題になっていたが、所属先が決まらないからか
意気消沈しているように見える。


自身の言葉としては約3カ月ぶりのエントリーで、
今季の所属先が決まっていない心境を明かした。


川島は、

「まず始めに、これだけ長い間僕自身の口からコメントをできなかったこと、
そしてこれだけの期間皆さんに何も報告ができなかったこと、
心からお詫びしたいと思います。そして、ここまで多くの方に心配をかけ、
また何より多くの方にご迷惑をかけていることに対しても
本当に申し訳なく思っております。」

と謝罪で切り出した。


2015年7月下旬にはイタリアの
ノバーラ(セリエB)の練習に参加している。

「新しいチームが決まってから、と思い続け日本を出てから
2カ月が経ちました。今の時点で多くを語ることはできませんが、
8月のマーケットが閉まるまで、そしてここまで、
自分にとってベストの選択ができるようにとここまで
練習に参加させてもらったり、自分自身コンディションを
整えながら可能性を探ってきました。」
新天地は見つかっていない。


当面の間、日本代表招集を見送られることにもなり
「ここまでくると、何が正しくて、何が正しくないのか、
はっきりした答えというのは正直なところ分かりません。
代表のこと、未来のこと、ここまで気が狂うような決断も
しなければいけませんでした。もしかしたら、
ここに至るまでもっと賢い選択もあったかもしれません」
と苦悩を明かした。


「まだまだヨーロッパの基準で、そして世界の基準でゴール
キーパーとして成長したい。何よりもっともっと、
ただただ単純に上手くなりたい」

「でも、何が自分の生き方かを考えた時、
苦しみもがきながらも今に至る次第です。
今はただ、自分自身の道を信じること、
そして必ずいい方向へいくと信じています」

と信念を貫く構えを示した。

最後には、ファンに
「ご心配をかけて本当に申し訳ありませんが、
しっかりとした報告ができる時が来るまで見守って
いただけると幸いです」
とコメントした。


ストイックで有名なGK川島永嗣選手。
移籍先がここまで決まらないのは稀なケースですね。
日本代表の正GKの苦悩の意味はなんなのでしょうか。

何か深い意味がありそうですね。
今後どんな進展が待っているのでしょうか。
ラベル:GK川島永嗣
posted by サッカー侍 at 11:36| Comment(0) | サッカー日本代表 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: